津山中央病院求人情報サイト

>
>
初期研修 Q&A

臨床研修医の仕事について

 
Q1 気になる研修医の給与体系は?
A1 他の病院と比較する場合、内容をよく見ないと単純には比較できません。
若干少ない時期もありましたが平成27年から給与の見直しを行っています。
さらに当直、諸手当に加え、年2回の賞与、住宅補助、
学会参加を含む研修、医師賠償保険の支援
なども考慮すると 、決して少なくありません。
 

 

 
Q2 救急研修について特徴はありますか?
A2 当院は救命救急センターを有する岡山県北の基幹病院です。
1次、2次、3次全ての症例をまんべんなく経験できます。
ICUでは専門医と一緒に集中管理を学びます。

 

 
Q3 2年間で初期研修に必要な手技は身に付きますか?
A3 毎年岡山県内の研修医がOSCEの技術を競うOKAYAMA CAPで
毎年複数のMVPを獲得しています。OSCEが全てではありませんが、
自信を持って後期研修病院へ進んでいただいています。
 

 

 
Q4 初期研修終了後の進路は?
A4 入局、非入局を含め進路は自由選択ですが初期研修医の75%が
当院の後期研修を続けています。(平成23~26年 24/32人)
地理的に決して恵まれているとは言えない当院の数字は
研修の満足度の高さと病院の愛着の深さを示しているものと
思っています。
 

 

 
Q5 研修生活は忙しい?
A5

救急を含めて、忙しいのは事実です。
ヒマではありませんが、その分経験症例数や経験手技数も多く、研修は充実しています。

無駄な忙しさや雑用がないよう卒臨研は研修医をバックアップします。